先日『クローバーフィールド』の新作を観る度に入った「Netflix」で、
前から観たかった『GANTZ:O』を観ることができました。

スポンサーリンク



やはり二時間に抑えないといけない点や、
単品作品のため初めてGANTZを観た人にもわかるように、
原作と違う点は多々ありました。

一番大きな点といえば、
筋肉ライダーや坂田師匠、桜井がいなかったことですね。

もちろん吸血鬼(バンパイア)も。
その点は西くんがいたのでカバーしてくれましたが。

あとは加藤が冒頭でまさかの通り魔に襲われてガンツ部屋に行く、という。
地下鉄に縁があるんでしょうか。

ただストーリー的にはとてもまとまっていて、
やはり大阪編は見所満載でおもしろいところいっぱいあるなと感じました。




キャラクターのCGもリアリティーありましたし、
景色もとてもキレイで、かなりレベルが高く感じました。

星人の迫力もすごかったです。
ちょっとカメラ動き過ぎなシーンもあったかな?

最後のオチもガンツっぽくてよかった。
なんなら全シリーズやってほしいし、カタストロフィーやってくれたら買うかも。


GANTZ:O
小野大輔
2017-03-03



スポンサーリンク



2/16(金)メモ
・話をきいてくれて最近学んだことをアウトプットさせてくれた仲間に感謝。
・遅くまで待っていてくれた取引先の担当者に感謝。
・スケジュール案がうまく作成できた。
・二人を風呂に入れることができた。